dalichokoのブログ

しょーもない

RSAは優勝候補

ラグビーの面白さはダイバーシティやトランスジェンダーなど、時として偏見対象となる要素をこの仕組みがかき消すことができる魅力もある。単なるルールを守る格闘技ではない。その試合にいたるまで、各々の選手の背景を辿ると感動が倍増する。


『インビクタス』という映画を見て、今年の南アフリカ代表キャプテンが黒人であることに胸を躍らせる。そしてコリシは必ずしも恵まれた環境ではないにもかかわらず、自らの手で代表の座を獲得し、南アフリカを背負うことになる。それはまるでマンデラがそうだったように。あれから30年の年月を重ねボカには有能な黒人選手が大勢集まるようになった。


この日、イタリアを圧倒したボカで最も目立ったのは身長170cmのコルビだろう。彼のスピードと破壊力(タックル)はほかの国のWTBやFBでは見たこともないような圧倒的な迫力に満ちている。この日のトライもそうだが、本来の仕事であるディフェンスにおいても素晴らしい働きをしていた。



初戦でオールブラックスに敗れはしたものの、彼らは前評判通り間違いなく優勝候補の一角だ。そして2度の優勝経験を誇るラグビー大国であり、偏見との闘いを自らの意思で勝ち抜いてきた精鋭ばかりだ。


残念なことにイタリアにけが人が続出してスクラムをまともに組めない状態で試合が進んだが、フォワードがまともにぶつかればいくらイタリアといえども太刀打ちできなかったことだろう。


さてそして明日は、ダイバーシティの代表ともいえるブレイブブロッサムズが豊田スタジアムにやってくる。サモアはレイドローがリードするスコットランドに木っ端みじんに敗れたものの、決して侮れる相手ではない。楽な試合にはならないだろう。そしてSOのポジションが他国と比べても劣るジャパン。ボカのポラールやオールブラックスのモウンガなど、超一流の選手を目の当たりにすると、日本のSOに代えがないのは大きなビハインドだ。