dalichokoのブログ

しょーもない

プロ野球大詰め

セリーグは監督交代してすぐあのチームがリーグ優勝を果たすとは、さすがだと思う。しかもエースが具合悪いのに。
パリーグも今年は面白かった。王者ホークスが独走と思わせて、ファイターズが2位に詰め寄ったときに北海道が盛り上がり、終盤は埼玉が笑った。


しかしクライマックスシリーズも終盤となり、結局今年は金のある球団がいずれも日本シリーズに出てくることになりそうだ。


かつてパリーグはライオンズがそうだった。しかし当時のオーナーをはじめ、母体となる西武鉄道が上場廃止になるなど、企業側の停滞に合わせてチーム力が低下。黄金時代を築いた面影はすっかり消えかかっていた。


しかしここ2年は、「金がなくても勝てる」を証明するチームとして存在感を示す。セリーグで例えると巨人が広島に変身(へんし~ん)するかのごとき変化だ。見かけはちんちくりんでデブばかりだが、野球は見た目だけではない。やはり勝ってなんぼだ。かつてはち密で守りの野球をしてきたライオンズはいま。がんがんバットを振ってホームランを量産するチームに変身したのである。


ファンをしていると、どちらにしても勝ってくれるのがうれしい。今年終盤の追い上げなどは興奮する日々が続きいた。楽しませてもらった。これ以上贅沢を要求しては申し訳もたたない。ここまでいい夢を見させてくれたライオンズの選手たちとコーチの皆さんに、心から感謝したい。日本シリーズに行けなくてもいい。よくやった!とほめたたえたい。


(=^・^=)