dalichokoのブログ

しょーもない

犠牲 (スコットランド撃破に思う)

日本が負ける確率を80%と見ていた。結果、戦力的にはスコットランドのほうが上回っていたことは間違いない。日本は間違いなく戦力が上回る相手に勝ったのである。「これはまぐれではない!」とか「もう奇跡とは言わせない!」などと声高に叫んでも、この状態を維持して初めて脱ミラクルとなる。そこは誤解しないほうがいいだろ。



かつて松任谷由実さん(ユーミン)の『ノーサイド』という楽曲に


♪何をゴールに決めて 何を犠牲にしたの?♪


という一節がある。ブレイブブロッサムズの戦士たちのインタビューに何度も出てくるこの


犠牲


という言葉はいかにも日本的だ。まるでかつてのゼロ戦パイロットのような精神性に日本人は古来感動する。これを右寄りだとかなんとかいうのは意味がない。君が代を歌い、観客の大勢が涙を流し応援する姿は胸を打つ。それは彼らの犠牲に対する対価である。誰もがこの感動を共有し熱狂している事実は否定できない。


・・・


だからこそ冷静になるべきだ。冒頭にも書いたとおり、ここから日本は始まるのだ。本当の日本の在り方。それはキャプテンのリーチ・マイケルが時々言葉にするダーバーシティという日本社会である。謙虚で情に厚く伝統を重んじる。この日本人の精神に”許し”や”寛容”という姿勢が加われば、日本の未来は明るい。


自分は本気で、このラグビー日本代表に日本の未来を投影し、期待している。多くの人種や性別や世代もなにもかもが偏見を持たない”寛容な社会”こそが日本の目指す未来だ。そのためにここまで築き上げたブレイブブロッサムズの戦士が背負う犠牲を国民全員が無駄にしてはなるまい。



そしてラグビーという競技はこの”寛容”に支えられていることを強く理解しなければならない。日本のラグビーはまだまだ未熟で始まったばかりだ。しかし日本の未来に一筋の光を彼らは与えてくれる。

プロ野球大詰め

セリーグは監督交代してすぐあのチームがリーグ優勝を果たすとは、さすがだと思う。しかもエースが具合悪いのに。
パリーグも今年は面白かった。王者ホークスが独走と思わせて、ファイターズが2位に詰め寄ったときに北海道が盛り上がり、終盤は埼玉が笑った。


しかしクライマックスシリーズも終盤となり、結局今年は金のある球団がいずれも日本シリーズに出てくることになりそうだ。


かつてパリーグはライオンズがそうだった。しかし当時のオーナーをはじめ、母体となる西武鉄道が上場廃止になるなど、企業側の停滞に合わせてチーム力が低下。黄金時代を築いた面影はすっかり消えかかっていた。


しかしここ2年は、「金がなくても勝てる」を証明するチームとして存在感を示す。セリーグで例えると巨人が広島に変身(へんし~ん)するかのごとき変化だ。見かけはちんちくりんでデブばかりだが、野球は見た目だけではない。やはり勝ってなんぼだ。かつてはち密で守りの野球をしてきたライオンズはいま。がんがんバットを振ってホームランを量産するチームに変身したのである。


ファンをしていると、どちらにしても勝ってくれるのがうれしい。今年終盤の追い上げなどは興奮する日々が続きいた。楽しませてもらった。これ以上贅沢を要求しては申し訳もたたない。ここまでいい夢を見させてくれたライオンズの選手たちとコーチの皆さんに、心から感謝したい。日本シリーズに行けなくてもいい。よくやった!とほめたたえたい。


(=^・^=)

オールブラックス ハンセンHC

オールブラックスはこの日、ボーデンの弟ジョーディー・バレット(22)を軸にチームを組み立てた。ボーデン以上に体格のいいジョーディーは2m近い身長ながら、ものすごいスピードで走る。ハンセンHCも彼の才能を見込んでいて、将来のオールブラックスを背負う存在としてこの大舞台を経験させているフシがある。兄のボーデンはベンチ入りもしておらず、観客席に座っているかと思いきや、なんとウォーターボーイ(飲み物を運ぶ役割)でビブスを着て選手にドリンクを運んでいた。世界のMVPを2度も獲得した選手がドリンクを運んでいる。実は2015年大会でも、マア・ノヌーが水運びをしていた。ワールドカップならではのユニークなシーンである。



格下相手のナミビアに71点を入れて勝ったオールブラックスだが、どの選手もバランスよく役割を演じていて点差以上に見ごたえのある試合を展開した。最も興奮したのは試合終了間際でペネラナが飛び込んでトライしたシーンだ。アクロバットのようなシーンに胸を躍らせる。この試合のプレイヤー・オブ・ザ・マッチに選ばれたレーナートブラウンは地味だが堅実なプレーで活躍したほか、ジョーディーと同じ22歳のセブ・リースの活躍も目立った。アーロン・スミスとペレナラはSHでありながら、ペレナラがSOもできるので、最後は世界的なSH二人が並んで試合をするというシーンがあった。



最後に、スティーブ・ハンセンが試合途中コーチ席から控室に移動するハーフタイムの時、子供にサインを求められて、やや険しい顔をしながらも応じていた姿が印象的だった。彼は紳士だ。どんな局面でも冷静に対応する。試合途中にサインを求められれば常識的には断られるものだと思うのだが、ハンセンは日本の子供の夢を裏切らなかった。



このように小さなことのひとつひとつが合理的で感動的だ。ワールドカップを目の当たりにすることでより一層ラグビーの難しさと神秘性とを知り、より興味をそそる世界を体感している。
(=^・^=)