dalichokoのブログ

しょーもない

68kg 「ソングバード」はもう聞こえない

ブログランキング・にほんブログ村へ

このタイトルで記事の中身をわかった方いたら、同世代。


昨日は22時就寝、今朝5時起床。68kg。眠い・・・

昨日は寒くて終日薄曇りの天気だった。

朝メシは抜いて、昼はほうれん草を卵で和えたごはん・

夜は牡蠣鍋。鍋も美味しいがたくさん食べちゃう。



『エージェントなお仕事』 オフィシャル予告編 - Netflix
Netflixの新しい韓流ドラマにハマっているダーリンにお付き合いして見ている。わかりやすくて面白い。


ここから本題。



Fleetwood Mac Legend Christine McVie Has Died


クリスティン・マクヴィーさんがお亡くなりになった。享年79歳。言うまでもなくフリートウッド・マックのメンバーであり、軸となる方だったと思う。フリートウッド・マックが全く売れていなかった時代を経験し。アルバム『』の大ヒットに寄与した偉大なアーチスト。

ミック・フリートウッドが寄せたコメントが泣かせる。

Fleetwood wrote that McVie had “left us earthbound folks to listen with bated breath to the sounds of that ‘songbird’ … reminding one and all that love is all around us to reach for and touch in this precious life that is gifted to us. Part of my heart has flown away today.”

これは明らかにクリスティン・マクヴィーの代表作でもある「ソングバード」の韻を踏んでいる。この曲は、バンドが売れない時期に苦し紛れに作られたアルバムの中で、メンバーの結束を促し鼓舞するような曲だ。



「And the songbirds are singing,Like they know the score,And I love you, I love you, I love you,Like never before.」
解散の危機にあったバンドを今一度蘇らせるために書かれたような曲。



実はクリスティンはリーダーのミック・フリートウッドより年上で、バンドの中で母親的な存在だった。離婚した元夫のジョン・マクヴィーとの縁で終生マクヴィーを名乗り続けたことも彼女とメンバーのキャリアを結びつけた要因だったのではないか。


昨日はツイッターなどSNSにも彼女の死を惨む記事やメッセージがたくさんあって、そのひとつひとつにその時代を思い起こさせる言葉が重ねられている。まるでソングバードのように。



心からご冥福をお祈り申し上げたい。
安らかに。




ブロトピ:ブログ更新!記事内容更新!はこちらへ!


にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ好きへ

ブログランキング・にほんブログ村へ