#ダリチョコ の映画とグルメ

しょーもないブログです。I am stupid anytime.

65.5㎏ 「神格化」 山口茜選手敗れる インドOP

日本という資源の乏しいこの国が、五山が支配する室町のいにしえから、宗教を資金源の軸として戦争や兵士を培ってきた歴史とこの報道は同じラインの上にあるように思えるのだがどうだろう。自衛隊幹部の靖国参拝も統一教会の問題も同じ1本の線でつながっているように思える。政教を一致させてこそ政治のダイナミズムだと誰もが理解している。それを阻止するのは市民(国民)しかいないだろう。 これ、何重にも大問題ですよ。政…

#日没 #桐野夏生 「インボイス」

ネタバレに注意。しょうもなブログなので、読まないほうがいいかもしれない。少し長い記事になるかもしれない。桐野夏生さんの「日没」。 去年の11月頃、どこかの本屋で衝動買いして一気読みした本。桐野夏生作品と初めて接する。「OUT」と「魂萌え!」は映画化されていて鑑賞している。 今回の「日没」は過去の明るい女性というキャラから少し離れ、エンタメ小説家という主人公をおそらくだが自分(桐野夏生さん)自身に…

#シェ・アンドレ・ドゥ・サクレクール 人形町 「公平」

CHEZ ANDRE DU SACRE-COEURは「サクレクールのアンドレの家」という意味なのだそうだ。去年の11月、午前中仕事だったダーリンと人形町のハシゴ楼で待ち合わせ。午後2時半でランチタイムが終わるので、足早に目的地へと向かう。 ホームページでも紹介されているが、このイラストそっくりのロランスさんがアテンドしてくれる。 スープとフランスパンが運ばれる。お勧めは別料金だがバターを頼むとい…

65.5kg 「原発クライシス」 山口茜選手 インドOP勝利

停止中の原発だからといって、被害がないと断定するのは危険なのではないか。こういうケースで「汚染水」や「フクシマ・ウォーター」などと世界から懸念の目で見られているこの国で、施設側の立場から「大丈夫です」と言うだけで信用してもらえるものなのか?施設がある以上、地球がなくなるまで呪われる「原発」の管理を日本人は背負わなければならないのだ。「原発クライシス」とは、単なる危機ではなく、永遠に続くリスクとい…

山ノ内陽介、コムロタカヒロ 銀座シックス 「冤罪」

銀座あたりに来たときは、なるべく銀座シックスに寄るようにしている。目の保養だ。 この日は山ノ内陽介氏とコムロタカヒロ氏の作品が並んでいる。 中央のアートスペースではコムロタカヒロ氏の作品。「Tempest」 なんというか、それぞれの作品イメージはポップだが、そのいでたちと色合いはある意味神々しく、そして悪魔的でもある。個展のタイトルの意味は計り知れないが、この社会に渦巻く嵐に、龍の羽を持つ人の顔…

ジャエ・カリカ 谷塚 「受益と政治」

去年の11月、すこーし肌寒くなった日にダーリンさんとインド料理「ジャエ・カリカ」に寄る。 いつも同じメニューに偏りがちなので、ひとつぐらいは初めてのメニューに挑戦する。 このチーズオムレツが大当たりで、すごく美味しい。甘いのだがくどくなくて、ほんのり辛い。絶妙な味だ。 あとはおおむねいつものメニュー。ナンがとてつもなくでかくてボリュームがある。 なんだか最近、この国も世界も不穏な感じがする。戦争…

66㎏ 「愚劣な男」、餃子と別班。

「妖怪の孫」であって「国葬の日」によって祀られた人物を、ジブリは痛烈に非難する。なぜ「REVOLUTION+1」は起きない?愚劣な男たちや女たちもたくさんいるのに。 安倍首相は自分が『憲法の解釈を変えた偉大な男』として歴史に名を残したいと思っているのでしょうが、愚劣なことだと僕は思っています」 宮崎駿「安倍晋三は愚劣な男」と批判 宮崎駿「安倍晋三は愚劣な男」と批判 https://t.co/ec…

ビヨンド・ユートピア脱北 マドレーヌ・ギャビン監督 「諸悪の根源」

「ビヨンド・ユートピア脱北」 劇場は朝からかなり熱気にあふれていた。年配の方を中心に女性のお客さんが多い印象だったが、ここに来られているお客さんがもし朝鮮半島と関係のある方だとしたら、日本でこの映画をともに鑑賞することの価値を強く感じる。とても重くそして価値のある映画だった。 .#BeyondUtopia’s Madeleine Gavin (Director/Editor) has been …

#珍々軒 上野 「諸行無常」

11月の話題だ。3ヶ月も前の話題をここに書くのも気が引ける。しょうもない所以である。このしょうもないブログに上野「珍々軒」が登場したのは2020年の大晦日のことだ。名古屋転勤から戻ってきて半年。 コロナが過ぎてからここも連日行列が続く。写真ではわからないが、金髪の女性がこの日はぎょうざのタネ作りで、キャベツを機械で裁断していた。長年ご活躍されているのだろう。 この日は確か「ゴジラ」かなんか見たあ…

66㎏ 「創造より管理」 富士㐂でカキフライ

「創造」より「管理」に資源を集中すると、いざといときに切り替えられない、というお話。日常的に管理のことばかり考えて生きているので、内田樹さんのこのようなお話は学びが多い。組織が肥大化することと合わせてデフレ社会で考えるべきことのような気がする。 「管理する人」は基本平時モデルで動きます。ですから、非常時でも平時モードに居着いて、非常時モードに切り替えられない。(略)組織の存在理由を熟知していれば…

葬送のカーネーション ベキル・ビュルビュル監督 「断念」

「葬送のカーネーション」 原題は「クローブひとつまみ」。2022年の東京国際映画祭で紹介されたトルコとベルギー合作映画。 これ以上の映画はない。これまで見た多くの映画の中でも群を抜いて素晴らしい映画だった。何度でも見たくなる映画。 すこし言い過ぎかもしれないが、この際ストーリーはもうどうでもいい。 この映画の場面に映る全てに敬意を示したくなるような美しさ。車のフロントガラスから外の喧騒が見える。…

#吉池食堂 御徒町 「権力を笑う」

去年のお正月以来の「吉池食堂」に、11月初め映画鑑賞後に寄った。 映画の出来があまりにもひどくてがっかりした。 土曜日の午後1時を過ぎた頃だが、列が出来ていた。 旬のサンマの刺し身と、新潟名物「栃尾の油揚げ」。サンマは去年も食べていた。 そして「時鮭のポテトフライ」 いずれも絶品。 ここには先輩たちと一昨年の12月にも寄っている。 そして12月からわずか5ヶ月後に、その中のおひとりが亡くなるとい…

65.5㎏ 「サクッと」、有楽町から銀座

ウクライナにはサクッと54億円拠出して、国内で募金活動かよ。どうかしてる。しかも海外支援も受け入れないらしい。 能登に40億なのにウクライナには53億円 その53億円は岸田と上川のポケットマネーで出してくれ 海外にばかり良い顔してどうする 53億あればどれだけの国内の貧困家庭を助けれる 53億あればどれだけの被災者を助けれる 海外に気前よくバラ蒔いているその金は誰の金だと思っているんだ鬼畜 pi…

被害者が容疑者となるとき ナンシー・シュワルツマン監督

ネットフリックスオリジナルで配信されているこの映画を見た。ちょっと長くなる。 人権活動家のシュワルツマン監督がジャーナリストのレイチェルを中心に示したレイプ被害を受けた女性のことを描く。昨今、日本の芸能界からも次々にMe Too運動のように暴露されていることと大いに重なる。 主に被害を受けたふたりの女性を取材して作られているが、もうひとりの女性メーガン・ロンディーニはこのことを苦にして自殺してい…

丸入水産 #真鶴 「行かない理由」

昨年11月、真鶴に行ってきた。目的は「江之浦測候所」だが、その帰りに食事することも楽しみだった。当初「うに清」という店を目指そうとしたが、祝日にもかかわらず金曜日が定休日で断念。ダーリンさんが子供の頃に来たとかなんとか。 陽光にあふれる真鶴の駅から坂道を下り、もうひとつの目的地を目指す。途中にあるコンビニは「釣具あり」の大きな貼り紙がしてある。本当かどうか店に入ったらたしかに釣具やエサを売ってい…

65.5㎏ 「募金」、有楽町から渋谷

政治家が被災地に向けて募金活動する国なんてあったか?あったら教えてほしい。謙虚に学びたい。そういう政治姿勢を支持する国民の心理や、被害を過小評価するメディアの心理なども教えてほしい。 小泉進次郎氏や菅義偉氏など、他なならぬ「政権与党」の政治家が、能登半島地震への「募金」を集める姿をアピールしている光景は、国家が解消すべき貧困を民間が尻拭いしている「子ども食堂」に、安倍元首相が「応援しています」な…

#江之浦測候所 根府川 「利権と財源」

夏の陽気のような強い日差しが残る昨年11月、真鶴にある杉本博司さんがデザインした「江之浦測候所」に行ってきた。 東海道線の根府川という無人駅に初めて降り立つ。ヒルトンホテルと江之浦測候所の送迎バスが駅前にスタンバイしている。 真鶴、と聞いて、果たしてここに来たことがあったかどうか、まるで思い出せない。ここから見下ろす相模湾の美しい凪は素晴らしい。 バスを降りて「柑橘山」と記された参道を登る。途中…

65kg 「献金とわいろ」 山口茜選手敗れる!マレーシアOP

必要悪と開き直る評論家と一線を画す政治家のやりとりを冷静に聞くべきではないだろうか。脱税して申告しない献金が「わいろ」でないと、本当に国民に対して言い切ることができるのだろうか。献金しなくても政治を理解することは可能なのではないか?田崎さん! スシローの「企業献金は悪いことではない」という意見に志位さんがピシャリ 志位和夫氏 「我々は、企業のパーティー券購入と企業団体献金の全面禁止を主張する」 …

#リカーシブル #米澤穂信 著 「時価総額30年」

米澤穂信さんの著書を初めて読む。『黒牢城』で直木賞を受賞されたと聞いて、映画帰りに本屋で衝動買いした。「リカーシブル」 リカーシブル(新潮文庫) 新潮社 Digital Ebook Purchas この町に入ったときのことはあまり憶えていない。 ママが「ああ着いてしまった」・・・ 主人公のハルカは中学生になったと同時に、親の事情でこの町に引っ越してきた。古い家だが自分の部屋がある。ママは「すぐに…

65kg 「アホンダラー」 山口茜選手マレーシア2戦目勝利!

鶴光師匠が正常な方であることを認識できて嬉しい。芸人の立場で吉本と距離を置いてまともなことを言える方は少ない。一之輔師匠とともに称賛に値すると思う。 本日(1月7日)の笑点 「◎◎のバカヤロ(アホンダラ)と叫んで色んなものに怒りをぶちまけて下さい」のお題で。 笑福亭鶴光さんから飛び出した。 「大阪万博のアホンダラー!! 予算はふくらみ、国民の期待は しぼみました」 人気の長寿番組で、先の一之輔さ…