dalichokoのブログ

しょーもない

オールブラックス ハンセンHC

オールブラックスはこの日、ボーデンの弟ジョーディー・バレット(22)を軸にチームを組み立てた。ボーデン以上に体格のいいジョーディーは2m近い身長ながら、ものすごいスピードで走る。ハンセンHCも彼の才能を見込んでいて、将来のオールブラックスを背負う存在としてこの大舞台を経験させているフシがある。兄のボーデンはベンチ入りもしておらず、観客席に座っているかと思いきや、なんとウォーターボーイ(飲み物を運ぶ役割)でビブスを着て選手にドリンクを運んでいた。世界のMVPを2度も獲得した選手がドリンクを運んでいる。実は2015年大会でも、マア・ノヌーが水運びをしていた。ワールドカップならではのユニークなシーンである。



格下相手のナミビアに71点を入れて勝ったオールブラックスだが、どの選手もバランスよく役割を演じていて点差以上に見ごたえのある試合を展開した。最も興奮したのは試合終了間際でペネラナが飛び込んでトライしたシーンだ。アクロバットのようなシーンに胸を躍らせる。この試合のプレイヤー・オブ・ザ・マッチに選ばれたレーナートブラウンは地味だが堅実なプレーで活躍したほか、ジョーディーと同じ22歳のセブ・リースの活躍も目立った。アーロン・スミスとペレナラはSHでありながら、ペレナラがSOもできるので、最後は世界的なSH二人が並んで試合をするというシーンがあった。



最後に、スティーブ・ハンセンが試合途中コーチ席から控室に移動するハーフタイムの時、子供にサインを求められて、やや険しい顔をしながらも応じていた姿が印象的だった。彼は紳士だ。どんな局面でも冷静に対応する。試合途中にサインを求められれば常識的には断られるものだと思うのだが、ハンセンは日本の子供の夢を裏切らなかった。



このように小さなことのひとつひとつが合理的で感動的だ。ワールドカップを目の当たりにすることでより一層ラグビーの難しさと神秘性とを知り、より興味をそそる世界を体感している。
(=^・^=)


ギクシャク、ブロッサムズ

ホームゲームで勝てたから隠されてしまうかもしれないが、今日の試合はかなりギクシャクしていた。それはサモアが巧妙に日本のファールを誘い、日本もある程度それを読んでいて前半は空中戦の応酬となる。



この日のマッチをレメキがゲットしたことの意味がこの試合を観察できる。彼の守備は光っていた。最後の最後で相手の突進を抑え込む。大活躍である。



もう一つは、ジェイミーがブロッサムズに敢えて変化をもたらそうとしていることがわかる。アイルランド戦に続いてこの日もゲームキャプテンを手放したリーチは、後半途中交代する。それは4年後を意識させるシーンでもある。



結局ブロッサムズはここにあらゆるピークを持ってきた。おそらく後にも先にも最強のブロッサムズだと思う。しかしそれはほかのティア2のチームが浮き沈みを繰り返すことと同じで、上位8チームの牙城を崩したわけではない。


プール戦を勝ち抜いた先をジェイミーが意識したのは間違いない。彼はあと2年でチームをフルリセットすることを意識したのだ。


このように複数の要因をまとめてサモアにぶつけたことで、試合がギクシャクしてしまったことは否めない。日本はこれで次のフランス大会出場を手にしたが、国際試合の組み立て方を間違えると、この日を境に凋落してゆくであろう。

(=^ェ^=)




全般ランキング

RSAは優勝候補

ラグビーの面白さはダイバーシティやトランスジェンダーなど、時として偏見対象となる要素をこの仕組みがかき消すことができる魅力もある。単なるルールを守る格闘技ではない。その試合にいたるまで、各々の選手の背景を辿ると感動が倍増する。


『インビクタス』という映画を見て、今年の南アフリカ代表キャプテンが黒人であることに胸を躍らせる。そしてコリシは必ずしも恵まれた環境ではないにもかかわらず、自らの手で代表の座を獲得し、南アフリカを背負うことになる。それはまるでマンデラがそうだったように。あれから30年の年月を重ねボカには有能な黒人選手が大勢集まるようになった。


この日、イタリアを圧倒したボカで最も目立ったのは身長170cmのコルビだろう。彼のスピードと破壊力(タックル)はほかの国のWTBやFBでは見たこともないような圧倒的な迫力に満ちている。この日のトライもそうだが、本来の仕事であるディフェンスにおいても素晴らしい働きをしていた。



初戦でオールブラックスに敗れはしたものの、彼らは前評判通り間違いなく優勝候補の一角だ。そして2度の優勝経験を誇るラグビー大国であり、偏見との闘いを自らの意思で勝ち抜いてきた精鋭ばかりだ。


残念なことにイタリアにけが人が続出してスクラムをまともに組めない状態で試合が進んだが、フォワードがまともにぶつかればいくらイタリアといえども太刀打ちできなかったことだろう。


さてそして明日は、ダイバーシティの代表ともいえるブレイブブロッサムズが豊田スタジアムにやってくる。サモアはレイドローがリードするスコットランドに木っ端みじんに敗れたものの、決して侮れる相手ではない。楽な試合にはならないだろう。そしてSOのポジションが他国と比べても劣るジャパン。ボカのポラールやオールブラックスのモウンガなど、超一流の選手を目の当たりにすると、日本のSOに代えがないのは大きなビハインドだ。