dalichokoのブログ

しょーもない

68.5kg 赤パン

昨日は22時半就寝、今朝4時半起床。68.5kg。 朝はカップ麺に前日の肉野菜炒めと味卵を乗せる。 すごいボリュームである。 昼はコンビニ。これで900円ぐらい。たかくつく。900円なら外で食べてもいいだろう。 このカボチャとクリームチーズの取り合わせはユニークだ。悪くない。 夜は市ヶ谷に出て、自分の誕生日祝いをしてもらう。人数は少ないが大いに盛り上がる。 お祝いに赤いパンツをいただいた。しかも…

街の灯 チャップリン

Charlie Chaplin - Boxing Match (City Lights, 1931) フォーエバー・チャップリンシリーズ、2回目の鑑賞は『街の灯』。 このポスターを見たとき、子供の頃これを部屋に貼っていたことを思い出した。なぜこのポスターだったのか思い出せないが、この頃自分はすっかりチャップリンの虜になって、映画のパンフレットなどをなんども読み直したものだ。 この映画がどれだけの…

キッチンプルプル カキフライ

久しぶりに寄ったキッチンプルプル。 カキの季節に入ったこともあって、どうしても顔を出しておきたかった。 丁寧にレイアウトされたサラダ。 そして心温まるスープ。 呑兵衛のお供にイカフライ。これも揚げたてはたまらなく美味しい。 そしてこの店の看板メニューであるハンバーグ。 そしてお目当てのカキフライ。 いつきても大満足。若いマスターは二代目さんで、店はお母さんが時々手伝っている。極めて几帳面な性格だ…

68.5kg 442年

昨日23時就寝、今朝4時起床。ぶくぶく腹が出て68.5kgあたりを上下している。 自分のしょぼいスマホではこれが限界。昨日の夜8時頃から月食がはじまったが、臨場感なし。 ズームするとよりいっそう何が何だかわからない。 しかしまぁなんとこれが442年ぶりだそうだ。間違いなく442年前に生きていた人はいない。1580年のことだ。日蓮が現在の立正大学を創設した日だと書いてある。そんな年のことがとくわか…

味仙 割引券

やめておけばいいのに、ニュートーキョーで食事したらダーリンさんが「辛いラーメンを食べたい」というので、仕方なく新橋まで歩いて味仙の台湾ラーメンを食べることにする。 狭い店舗で、いつも混んではいるのだが、この日はどことなくいつもよりお客さんが多く感じた。入店待ちで並んでいる男性に声をかけたた、どうもテレビでこの店が紹介されていたらしく、そのせいでお客さんも多く、滞留率も高いということらしい。ちなみ…

69kg エノーラ・ホームズの事件簿2

昨夜は23時就寝、今朝4時半起床。69kg。 昨日はひとり朝起きて、ぐずぐず過ごす。模擬試験が近いというのに気持ちが乗らない。 朝飯はサンマルク。サンマルクはとても好きなカフェで、とても落ち着くね。 昼もサンマルクのサンドイッチにヨーグルト。 夜はお弁当に海苔巻き。ダーリンがへとへとに疲れてた。 Enola Holmes 2 | Official Trailer: Part 1 | Netfli…

十一月上席 新宿末廣亭 春風亭柳之助主任!

午前中会社の行事があって、その足で昼過ぎになんとか間に合った。春風亭柳之助師匠が主任を務める新宿末廣亭。 途中からだったが、春風亭弁橋師匠の「鍬潟」のあと、ねずっちの漫談で大爆笑の渦。 春風亭柳太郎師匠の「結婚式風景」。これはかつて春風亭柳昇師匠がやっていた新作落語だ。 落語「結婚式風景」五代目-春風亭柳昇-昭和59(1984)年9月15日-12分9秒-原版 三遊亭遊雀師匠が延々と「酔っぱらい」…

ニュートーキョー

かつて数寄屋橋にニュートーキョーがある頃は、映画館のあるビルとしての印象が強い。 いまは建て替えて、映画館もニュートーキョーもない。銀座ライオンほどではないにしても、70年も続いたビルの1階にあったニュートーキョーは趣きがあった。 それが今は、有楽町の駅前にある電気ビルの地下に移転した。コロナもあってずっと閉店している時期もあったが、ようやく復活して軌道に乗った印象だ。 お通しはチリビーンズ。辛…

69kg チャップリンに浸る・・・

昨日は21時就寝、今朝5時起床。69kg。 今日は、チャップリンの良さや面白さがなぜ大勢の方に伝わらないのか?というお話。 昨日の朝起きて鍋焼きチャーシューラーメンを食べる。 この後再び有楽町まで出て、チャップリンの「街の灯」を鑑賞。映画が終わると拍手が起きる。何度見てもラストシーンは胸に迫る。 Charlie Chaplin - City Lights 映画が終わって日比谷の謝謝ラーメンで定食…

チャップリンの独裁者

忘れもしない、今から50年前に、チャップリンを初めて映画館で鑑賞した。「ビバ・チャップリン」というシリーズで、チャップリン作品が映画館で次々とリバイバル上映されたときのことだ。自分が鑑賞したのは叔母に連れられて行った有楽座である。 そして同じ有楽町で再びチャップリンが蘇る。すごいイベントが開催されている。初日からすごい熱気だ。劇場は満席。 KINENOTEのレビューはこちら。 #TheGreat…

68kg 女子ラグビーWC大詰め

昨日は23時就寝、今朝6時起床。68kg。 2日分の日記。 一昨日の朝は鮭ご飯。 我ながら驚くが、パックのご飯に鮭を乗せただけの鮭ご飯だ。恐れ入る。 昼はパン。 夜は調布に移動して娘と餃子を食べる。お腹に赤ん坊ができたらしい。ということで居酒屋に入ってもふたりともアルコールを飲まず。あっけなく席を立つ。 孫が七五三ということで、ケーキを買う。ひと晩やっかいになって、翌朝(昨日)は朝から運動会。 …

日比谷ガーデニングショー

いつも歩く日比谷公園だが、こういうイベントがあることも知らず、しかも20年も続けているとは驚きだ。素晴らしいイベント。 気づいた頃は夕方だったが、まだ大勢のお客さんが集まっていて、テーブルでビールを飲んだりしている。天気がいいときは最高だろう。 目移りするような作品はアートだが、時代に合わせたユニークな作品もある。 こんなジャングルみたいなところで仕事ができるのかわからないが、職場環境にもはや聖…

麺処ほん田 秋葉原本店 ラーメン店の奥に日本が見える

ラーメンWalkerというブログにこの店の店主のことが紹介されている。 秋葉原の駅前にかねてからあることは知っていた。店舗の間取りも不思議な形だが、カウンターだけのお店はいつも混んでいる印象だ。何しろ24時間営業だ。 この日は落語を聴いて、友達と長時間ワイワイ騒いで、夜11時を過ぎた時間にここで締めのラーメンを食べることになった。 煮干しラーメンと辛味噌ラーメン。いずれもコクがある。どちらもスー…

ONI〜神々山のおなり  堤大介

町山智浩さんが「たまむすび」で紹介されていて、早速鑑賞した。 まず作者の堤大介さんだが、日本からアメリカに渡ってピクサーなどの映画の経験を経て、今回この映画を作ることになったようだ。堤監督の奥様がなんと宮崎駿監督の親戚だそうで、そのせいではないと思うが、この映画には宮崎作品を連想させるキャラクターなどが次々と現れる。何しろ主人公のナリドンという赤鬼とおなりという少女のシーンは、間違いなく「となり…

三吉や 新日本橋

この日は落語を聴きに行くのに、友達と午後早めに待ち合わせして、まずは2人でわいわいと盛り上がる。こちらはお酒を全く飲まないが、居酒屋の雰囲気は大好きだ。日頃も誰かと交流があるでもないので、40年近い友達と会うのはとても嬉しい。 ここは新日本橋の三吉や 三時半なのになぜかサラリーマンが飲んでいる。 店内には日本酒とメニューがびっしり並んでいる。落語の入場が5時半なので2時間ぐらい付き合った。 そし…

68.5kg 築地、有楽町、東銀座、日本橋

昨日は23時半就寝、今朝4時過ぎ起床。68.5kg。 昨日は汗ばむ陽気だった。もうひと月で師走だというのにね。 朝、築地経由で銀座に向かう。 築地では何度も食べている「若葉ラーメン」。 少し築地を散歩して、歩いて有楽町に向かう。みゆき通りをまっすぐ進むと、普段見かけない店などが目に入る。 数寄屋橋でマリオンを見上げながら、かつてここが日劇だったことを思い起こす。 読売会館の8階にある角川シネマは…

RRR  S・S・ラージャマウリ

『RRR』をさいたま新都心のMOVIXで鑑賞。 ラージャマウリ監督の久々の作品。 もちろんあの『バーフバリ 王の凱旋』と『バーフバリ 伝説誕生』を思い起こせばその興奮がよみがえる。『ライオン・キング』などの伝説に、『スター・ウォーズ』など家族の物語を壮大なスケールで描く大作に心を躍らせた。そのスケール感はハリウッド映画で味わうことのできない、まさにボリウッド。 劇場はほぼ満席。開園間近で席がびっ…

錦秋の会 春風亭柳之助(神田松鯉) お江戸日本橋亭

今回も柳之助師匠の会は満席だった。 前座さん桂しゅう治さんの「狸の札」の後は、二つ目の桂小右治さんが「ぞろぞろ」で笑わせる。 そして主人公の春風亭柳之助「桃太郎」 先ごろ瀬戸内海をさまよったときに寄った女木島が思い出される。 果たして柳之助師匠がこの日示した鬼ヶ島の鬼は何を意味するのだろうか。そして、親より優れた子供の存在は何を意味するのか?深読みしたくなる演目。 そして・・・、この日最大の事件…

68.5kg 絶望

昨日はふて寝、22時就寝、今朝はやる気が起こらず4時半起床。68.5kg。 朝はスパゲティ。写真なし。大盛りスパゲティを食べすぎた。 その前に45問解いて出かける。 仕事で品川からバスで八潮へ。その帰りに食事。 品川駅の周辺は面影もなく、というか以前の品川駅のあたりを知らないのでよくわからないが、よくよく探すと、細い路地とかあるのね。 帰って軽く食事。 Netflixのアニメドラマを見て答え合わ…

アフター・ヤン  コゴナダ

長く脈絡のない記事になってしまった。読まないほうがいい。面白くもなんともない。 After Yang | Official Trailer HD | A24 コゴナダ監督というと、大変評価の高かった「コロンバス」だ。素晴らしい映画だった。 コゴナダ監督の『アフター・ヤン』をシャンテで鑑賞。土曜日の午後だったが、かなり大勢のお客さんが入っていてその熱気に圧倒される。シャンテの地下はスクリーンを見上…