dalichokoのブログ

しょーもない

渋谷区のブログ記事

渋谷区(ムラゴンブログ全体)
  • 69kg オールブラックス勝利

    0時就寝、今朝5時半起床。69kg。 朝起きて、ヘトヘトになって講義を聞く。目からウロコ。正確に理解していないことをあらためて知る。 水も与えていない朝顔の一輪が小さく咲いている。 朝飯はカレー。 そして渋谷に向かいダーリンさんの買い物に付き合う。ランチは兆楽。 ここから銀座に移動。歩行者天国も賑... 続きをみる

    nice! 12
  • かわるかたち 渋谷公園通りギャラリー

    光島貴之さんのスケールの大きい作品を後にして、奥の展示室へ向かう。 ここにもまた想像を接する世界が存在する。マクロとミクロの融合。大きな額に描かれた作品は、なんと鉛筆で描かれたもの。そして何重にも重ねられた鉛筆の痕跡が形を変えて紹介されている。 10Bの鉛筆。 70歳から創作活動をはじめた井上優さ... 続きをみる

    nice! 16
  • 光島貴之 渋谷公園通りギャラリー

    アール・ブリュットを展開する渋谷公園通りギャラリーで展示された、光島貴之さんの作品とともに過ごす。全盲のアーチスト光島貴之さんの息遣いを感じながら。 まずは空間に展開される光島さんの作品に、ここへ訪れた大勢の方がシールなどを貼り付けて書き足してゆく作品を眺める。入り口で係の方にいろいろな説明を受け... 続きをみる

    nice! 11
  • 友沢こたお個展 渋谷PARCO

    GINZA SIXで見た衝撃、大西芽布さんの作品に触れ、彼女の芸大の先輩友沢こたおさんのことを知る。 その友沢こたおさんの個展が渋谷PARCOで開催されていると聞いて、雨のそぼ降る日の映画鑑賞後に足を向ける。 友沢こたおさんは、もうかなり動画配信などメディアで取り上げられているので敢えて細かいこと... 続きをみる

    nice! 11
  • さかなのこ 沖田修一

    僕は沖田修一監督をある種の天才だと思っていて、それは『南極料理人』を初めて見た時にはあまり気づかなかったけど、あの映画を何度か見直すうちにそれが確信となるわけだ。 こういう比較はとても失礼かもしれないが、『異動辞令は音楽隊』の内田英治監督と、とても似たような感覚にありながら、演出のセンスがまるで違... 続きをみる

    nice! 10
  • 68kg 渋谷で映画とアート

    昨日は22時半就寝、今朝4時起床。68kg。 ここにきて朝顔が乱れ咲き。 今朝も台風の影響で風と雨が強い。昨日も各地で台風の影響があったようだ。宮崎がとくにひどかったと聞く。 朝7時半過ぎに家を出る。とても空気が重かった。 上野で乗り換えて渋谷についた頃はまだ雨は降っていなかった。バーガーキングで... 続きをみる

    nice! 11
  • 川っぺりムコリッタ 荻上直子

    驚いた。すごい映画だった。 フィルマークスの感想かこちら フィルマークスの試写会が始まる前、荻上直子監督とフードスタイリストの飯島奈美さんのトークがあって、とても興味深いお話を聞くことができた。公開前なのでネタバレになるので、あまり細かいことは書けないけど、とにかくお二人のトーク、特に飯島さんのア... 続きをみる

    nice! 12
  • ファイナル アカウント 第三帝国最後の証言 ルーク・ホランド

    ファイナル アカウント 第三帝国最後の証言 ←KINENOTEのレビューはこちら。 ルーク・ホランドの遺作となってしまった。71歳。 ちなみに原一男監督は77歳であのバイタリティ。(「水俣曼荼羅」の続編を作る決意をしたらしいぞ。) かれはこの映画を通じて何を伝えたかったのだろう。彼の誠実なまなざし... 続きをみる

    nice! 7
  • 67kg ゆるゆるゾーン

    昨日は23時半就寝、今朝4時18分起床。67kg。 眠くてフラフラする。 朝起きて、昨日までお休みだったダーリンさんににゅうめんを作ってもらう。 美味しいが味が濃い。年取ると薄味がいい。 サンマルクで時間つぶしに勉強。でも全然はかどらず。 この時点では、少し雨がぱらつく陽気だった。 会社のストレス... 続きをみる

    nice! 9
  • スープとイデオロギー ヤン・ヨンヒ☆

    『スープとイデオロギー』 ヤン ヨンヒ監督『スープとイデオロギー』予告篇(2022.6.11公開) 映画を見る前に、たまむすびの町山智浩さんの解説を聞いたほうがいい。 2022-06-21(火) たまむすび 町山智浩 アメリカ流れ者 ドキュメンタリー映画『スープとイデオロギー』 ヤン・ヨンヒ監督と... 続きをみる

    nice! 14
  • 兆楽の麻婆豆腐は絶品!☆

    暑い日だったね。暑い日の兆楽はエアコンをつけてないので、厨房の熱気がそのままカウンターに押し寄せる。 ちなみにこの店のとなりには角海老がある。いわゆるソープね。 こちらはこの店の売り物ルースーチャーハン。豚肉の細切りと筍をあんかけにしたもの。 そしてメインは麻婆豆腐。 定食にして正解だった。すっご... 続きをみる

    nice! 30
  • 67.5kg ボイリング・ポイント

    昨日は23時就寝、今朝5時45分起床。起きるのが遅かった。 体重は67.5と激増。13.142歩歩いた。久々の1万歩超え。 コロナも激増中で、娘の家族全員感染したらしい。 慶屋。少年の君。67kg。誰がハマーショルドを殺したか。慈雨。キネマ旬報。おしゃれだな。まさをなる。 2019、2020、20... 続きをみる

    nice! 11
  • 百年と希望 西原孝至☆

    会社帰りに水天宮の駅まで歩いて渋谷まで移動。 東急本店方向を目指し、ユーロスペースへ。渋谷はミニシアターが充実していて羨ましい。自分が住む街からは少し遠い。 映画「百年と希望」予告編(監督:西原孝至 ) 『百年と希望』 見に行くかどうか悩んだが、行かないと後悔すると思ったので、思い切って行ってみた... 続きをみる

    nice! 19
  • 67.5kg スープとイデオロギー

    昨日は22時半就寝、今朝4時半起床。体重67.5kg、4,786歩。 久々に朝見た太陽。 68kg。66kg。プレゼント。聞き耳。べろ助。磯丸水産。日間賀島。 2019、2020、2021、2022。 前日、娘家族が泊まりに来た。 酔い明けのダーリンは朝から家で仕事。 なにも食べるものがないので隣... 続きをみる

    nice! 10
  • 66kg 百年と希望

    昨日は23時半就寝、今朝4時起床。体重66kg。7,732歩。 腰た多少よくなったがまだ思い。 67kg。65.5kg。焼肉ホルモン「空」。メガネ新調。万引き家族。スランプ。67.5kg。 2019年。2020年。2021年。2022年。 昨日はまともに勉強も進まず、朝から辛いカップ麺を食ってでか... 続きをみる

    nice! 9
  • 67.5kg 知られざるマリリン・モンロー

    昨日は22時就寝、今朝4時起床。体重は67.5kg、10,456歩。 少しずつ日常を回復させる。 去年68.5kg。65.5kg。担任の先生。熊ちゃんラーメン。鳥貴族。母親不在その3。明らかに。 2019年。2020年。2021年。2022年。 で、 朝起きて隅田川から浅草寺のあたりまで散歩。まだ... 続きをみる

    nice! 10
  • ゆで太郎

    長時間の映画を見る前だったので、早めのランチにしようと思って宮益坂を下るとゆで太郎があった。時間もそれほどないので、ここで食事をすることにした。 天丼セット。充実している。 サービス券付きである。 返す返すも原一男監督の姿勢に頭がさがる。戦い続ける人のオーラを近くで感じる。 もっと悶え苦しむべきな... 続きをみる

    nice! 13
  • 由宇子の天秤

    いつもしょうもないブログですいません。読まなくてもいいです。しょうもないから。 映画『由宇子の天秤』予告編 でもこの映画『由宇子の天秤』(←ポチ)すごく評価高いですね。Kinenoteでもずっと一位。 公開初日、九段下から渋谷に向かう。 シブ地下では壁画をバックに写真撮影待ちのファンが並んどる。な... 続きをみる

    nice! 14
  • 草間彌生さん

    全くの偶然なんですけど、都内で開催されているパビリオンの中で、草間彌生さんの作品、インスタレーションが紹介されていて、映画2本も見た後あわてて予約して行ったんですね。それがどんな作品かというと。。。 これです。 わかりますか?これ。全部シールです。入り口で入場者に配られるシールを入場者自らがペタペ... 続きをみる

    nice! 15
  • パビリオン トウキョウ 2021

    興奮しましたね。パビリオン・トウキョウ。 まずは草間彌生さんのアイデア。瀬戸内海の有名な南瓜が台風で破壊されたと聞いて心を痛めますが、今回は全く違いコンセプト。 ここではまず予約を求められます。無料です。そして予約時間きっかりに入場が許されて、ひとりひとりにシールが渡されます。草間彌生さんのキャラ... 続きをみる

    nice! 11
  • 少年と君

    アカデミー賞国際長編映画賞ノミネート、『少年の君』予告編 『少年と君』を鑑賞。午前中マン・レイを見て、午後同じBunkamuraの映画館の最前列で見ましたね。最前列で映画見るのって『魔宮の伝説』以来じゃないかな。高校の友だちと見たあの映画。 東急百貨店本店の裏手に隣接するBunkamuraには美術... 続きをみる

    nice! 14
  • マン・レイと女性たち Bunkamura ザ・ミュージアム

    3分でわかるマン・レイ(人から分かる3分美術史114) マン・レイを見に渋谷まで。Bunkamura ザ・ミュージアムで開催された『マン・レイと女たち』。酷暑の渋谷を朝から歩きます。五輪開催間際の7月下旬でしたけど、それにしても渋谷って人が多いね。 マン・レイ。本名エマニュエル・ラドニンスキーはア... 続きをみる

    nice! 11
  • haishop 渋谷スクランブルスクエア

    目黒から渋谷を経由して浅草に向かう途中、渋谷のスクランブルスクエアに寄りました。 有名ブランドが並び圧倒的なトレンドビルですね。すごいです。お客さんの層も厚そうだし。すごい。やっぱり渋谷はすごい。 エスカレーターでどんどん上ります。あまりご縁のなさそうなフロアを素通りしてどんどん上へ上へ。 すると... 続きをみる

    nice! 10
  • アメリカン・ユートピア 「いますぐ映画館へGo!」

    デビッド・バーン✕スパイク・リー『アメリカン・ユートピア』を鑑賞。 『隔たる世界の2人』という短編映画があった。タイムリープもの。そしてこの映画のクライマックス。デビッド・バーンがなぜスパイク・リーとタッグを組んだのか? David Byrne - Hell You Talmbout [Janel... 続きをみる

    nice! 16
  • 茜色に焼かれる

    石井裕也監督の新作『茜色に焼かれる』を渋谷のユーロスペースで鑑賞。極めて時機を得た問題作と言うべきだろうか。 尾野真千子、緊急事態宣言下での主演作公開に号泣 観客を前に涙の訴え「劇場で見てほしい」 映画『茜色に焼かれる』公開前夜最速上映会 舞台挨拶で主演の尾野真千子さんが涙を流したのは本音でしょう... 続きをみる

    nice! 12
  • 大東亜戦争

    樋口尚文氏が大島渚監督の個人資料を紐解いた『大島渚全映画秘蔵資料集成』が発売されることをきっかけに、大島渚が復刻している。シネマヴェーラの1ヶ月におよぶ企画もまた然りだ。 この日は大島渚が日本テレビのノンフィクション劇場で展開した作品「大東亜戦争」を鑑賞。映画も衝撃だったが、この混雑ぶりに圧倒され... 続きをみる

    nice! 10
  • TENGA STORE 渋谷PARCO

    渋谷に映画を見に行った日、少し時間があるので散歩した。天気はよくなかった。 上野から銀座線で渋谷に出て、道玄坂を上り円山町の映画館に至る。 映画館でチケットを買う。整理券制なので、予めチケットを買ってまた戻らなければいけない。チケットは1200円。いまどき不便ではある。 上映まで1時間以上あるので... 続きをみる

    nice! 10
  • GYRE

    渋谷のGYRE GALLELYというのがあって、面白そうな特集を組んでいたので見に行った。 話はそれるが、このビルの先にある昔ポール・スチュワートだった建物はエルメスに生まれ変わろうとしていた。表参道も変わる。変わらないほうが不思議なくらい変わってゆく。 話をもどす。「2021年宇宙の旅 モノリス... 続きをみる

    nice! 12
  • CAST (キャットストリート)

    渋谷から表参道に向かって、ある展示を見に行った。 銀座線の終点で降りて、宮下公園方面に歩きキャットストリートに入る。 気にはなっていたが、この通りもまたおしゃれだ。渋谷は奥が深い。 この通りに大きなブランド店が並び、突き当りが表参道だ。 そして表参道ヒルズの裏側の坂を上がり散歩して、明治通り沿いを... 続きをみる

    nice! 11