dalichokoのブログ

しょーもない

2021年1月のブログ記事

  • Hatago ドーミーイン谷塚

    家の近くにドーミーインがあるのは知っていた。 しかし、どう考えてもここに泊まるわけはない。 ある日ふと「朝食だけでも食べられないかなぁ」という話題になって電話したら「前日までに予約いただければいつでもOKですよ。」というお返事をいただいて、早速正月明けに行ってみた。 コロナの影響で明らかに宿泊客は... 続きをみる

    nice! 13
  • 《米谷健+ジュリア展》 だから私は救われたい

    角川武蔵野ミュージアムで特集されている展示に立ち止まる。 だから私は救われたい 米谷健とジュリアの夫婦が展開する作品。 作品だけでなく、彼らが過疎化の進む京都の田舎に移り住んでから、なんと農業に従事することになる経緯などが示される。胸を打ち涙がこぼれそうになる。 救われたい 愛されたい 他者になに... 続きをみる

    nice! 11
  • 松軒中華食堂

    深大寺からの帰り、調布でランチすることにした。 駅前の松屋の二階に中華があって、どうも松屋の系列店らしい。 その名も松軒中華食堂。 料理はまぁ、なんというか”日高屋”とか”福しん”とかに対抗心を燃やしているイメージだ。どの料理もそれなりに美味しいし量的にも十分だろう。 しかし、 そんなことより、今... 続きをみる

    nice! 10
  • 深大寺

    正月に深大寺へ行った。 東所沢から武蔵野線で京王線まで移動して、調布からバスに乗る。 コロナの拡大もあって、控えめな人出といえるかもしれない。 バスを降りるとそれなりの人の波。 ちなみに自宅近くの浅間神社などはほとんど人がいなかった。 深大寺に寄るのは、かつてお世話になった会社の社長の葬儀だ。 人... 続きをみる

    nice! 13
  • 角川武蔵野ミュージアム

    正月元日の朝から、東所沢の”ところざわサクラタウン”に向かう。 駅から目的地に向かう途中、マンホールに施されたアニメのレプリカなどを見ると、この街がアニメやアートに力を入れようとしている姿勢を感じさせる。 角川の歴史と武蔵野の大地を連携させ、極めて知的な空間をここに築き上げた。 設計は隈研吾氏。 ... 続きをみる

    nice! 12
  • 浅草演芸ホール

    落語釣り落とし会。 年の瀬、生まれて初めて寄席に入る。 昼過ぎに入るがなんとも閑散とした席。それはコロナで席の間隔をとっているからだ。 落語中心の寄席だったが、2020年の暮れを笑って過ごすことができたのはありがたい。 それにしても真打ちの芸には感動を覚える。 特に三遊亭歌司師匠の落語には笑いっぱ... 続きをみる

    nice! 11
  • モンブラン

    朝起きて、浅草に出る。 この日、大晦日の浅草は閑散と・・・してない。賑わっていた。 それでも例年の浅草なら人が行き交うこともできないほどごった煮状態だろう。コロナでそれなりの賑わいといえる。 いつだったか酉の市の日に寄ったモンブランでハンバーグを食べたくて出かけることにした。 店はコロナにもかかわ... 続きをみる

    nice! 10
  • 四人組再会・・・

    四人組という仲間があって、それはかつて中国共産党の文化大革命があった頃の四悪人を連想させますが、そんな堅苦しい仲間ではなくて、たまたまご縁があって細く長くお付き合いが続いている仲の方。 かつてはいろんなところを夜な夜なさまよったりしたもものです。どうも4年前にお会いして以来、こちらの地方転勤もあっ... 続きをみる

    nice! 12
  • 三洋食堂 大田市場

    婿さんがかつて勤めていたという大田市場に初めて行ってみた。 年末の休みに誘われたのだ。 調べると平和島とか大森海岸の先にあるらしい。 知られざる(知らないのは自分だけか?)東洋一の市場で、東京青果という会社はここで最大規模の組織だという。驚いた。 強引に車で市場の門にいるガードマンを振り切り、市場... 続きをみる

    nice! 12
  • 天気待ち 

    天気待ち 監督・黒澤明とともに (文春文庫) 文藝春秋 本 『天気待ち』野上照代著。いい本だった。 ”天気待ち”などという言葉は死語だ。 天気などまたなくても映画は撮れる。というかロケに出る機会も減って、ほとんどスタジオをコンピューターがなんでもやってくれる。多少のNGはコンピューターで修正できる... 続きをみる

    nice! 16
  • 伊豆栄 上野本店

    伊豆栄さんというとかつて高田馬場にある伊豆栄ビルで仕事してたことがあった。仲間と仕事を立ち上げた時期で金が無い。ところが昼時になるとうなぎのいいにおいがしてくてお腹が鳴り出すのだ。そんなことを思い出す。 この日は渋谷まで映画を見に行った帰りに、「久しくうなぎを食べてないねぇ・・・」という話題になっ... 続きをみる

    nice! 14
  • 桂花ラーメン 新宿

    桂花ラーメンを教えてくれたのは、昔いた会社の先輩だった。 彼はご高齢のお母さんとセブ島へ移住したが、そのお母さんも亡くなって今は日本のどこかに住んでるらしい。頭はいいが頑なな人だ。今頃どうしてる。 この日は昼に孫と遊んで、帰りに新宿まで送り届けたときに思いついて桂花ラーメンを食べようということにな... 続きをみる

    nice! 13
  • 山下達郎 LIVE展

    TATSURO YAMASHITA SPECIAL ACOUSTIC LIVE展 達郎さんが生まれ育った池袋で、去年の暮れにLIVE展を見に行った。 コロナの影響だろうが、入場制限により時間指定のチケットがなかなか取れず、一人平日の夜に見に行った。 それなりにお客さんが並び、係の方が念入りに撮影禁... 続きをみる

    nice! 11
  • GINZA SIX

    銀座周辺は何度歩いても飽きないが、個人的にはここGINZA SIXははずせない。 しかし飲食店の状況は思わしくないようだ。 店舗が閉鎖か休業中が多い。一見賑やかに見えるフロアも、よくよくみるとコロナの深刻な影響を受けている。銀座という場所的なリスクもあるだろう。家賃はおそらく日本一だろう。 ほかに... 続きをみる

    nice! 14
  • ニュー鳥ぎん

    ニュージーランドは真夏だ。水着ではしゃぐ子どもたちの写真が送られてきたよ。 寒い日本で日本橋から銀座まで歩いて、ニュー鳥ぎんに入る。 いつもの鳥ぎんとここニュー鳥ぎんは全くちがう店らしいが、ほぼ同じメニューを若干違う価格で提供しているようだ。それぞれ円満に共存しているとのことだ。 狭い店内だが、2... 続きをみる

    nice! 14
  • 日本橋から銀座

    日本橋から銀座まで歩く。 日本橋で映画を鑑賞して、電車で銀座に移動しようかとも考えたが、歩いても30分かからない。ここは歩くことにしよう。 dalichoko : 心がさんざめくことはないhttps://t.co/HLCBIZAB3E— dalichoko (@chokobo88428241) N... 続きをみる

    nice! 12
  • 焼き肉 ”潤”

    上野、渋谷、日本橋と歩いた。 日本橋の丸善ではダーリンの時計バントや財布を衝動買いしてしまった。 まだまだ物質欲が抜けない。情けない。 そして抜けないのは食欲もだ。夕方最寄り駅近くの焼肉屋に訪れてがっつり食べる。 どの料理も丁寧で美味しい。肉の質は高い。どれも美味しい。 この店は2回目。女性のお店... 続きをみる

    nice! 14
  • 渋谷パルコ陶器売り場 OILギャラリー

    東急プラザの新鮮さも素晴らしいが、パルコも頑張っていると思う。 特に渋谷パルコはアートの先端だ。2階にあるOILギャラリーは美術手帖と連携してアート作品の販売まで手掛けている。 それほど広くもないスペースは夢のワンダーランドだ。 この日は陶器を展示販売する企画で、土曜日ということもあって大勢の方が... 続きをみる

    nice! 12
  • 変わりゆく渋谷 東急プラザ

    かつて若い頃はここのビルの前を待ち合わせ場所にしてあちこちに遊びにでかけたものだ。 スマホもメールもない時代。 地方転勤から戻って建て替え中なのは知っていたが、昨年暮れにオープンしたのを知らずに渋谷駅前を歩いた。 驚くべき進化。渋谷は未来を先取りする未来都市だ。このビルはその象徴とも言える。 2階... 続きをみる

    nice! 14
  • KING&QUEEN展 上野の森美術館

    ロンドン・ナショナル・ポートレビュー所蔵の作品を一堂に会する大英帝国の歴史を綴る展覧会。昨年の10月からの展示は先ごろ長い展示を終えた。赴いたのは昨年12月も中頃だった。土曜日ということもあってとても賑やかだった。 とにかくすごい展示。イギリスという国の圧倒的な強さを示す展示。 テューダー朝 スチ... 続きをみる

    nice! 14
  • カレー専門店 クラウン

    上野の駅で長年営業しているクラウン。 いつも通りがかりで食べたいと思っていたがこの日念願がかなう。 450円のカツカレーの食券を買いカウンターへ。 手際よくライスを盛りつえ寸分の狂いもない。見事な手さばき。 店内は撮影不可と書いてある。コロナ対策で間隔をあけて座る。店内には古い写真も飾られている。... 続きをみる

    nice! 13
  • 新・紫式部日記 夏山かほる

    面白かった!超面白い! 源氏物語も紫式部もまるで知らないで読むと、新鮮で新鮮で、もう中盤からある大きな出来事を境にもう止まらなくなった。きっとこのジャンルに詳しい方もまた楽しめることだろう。 下級貴族の紫式部が源氏物語という大ヒット小説で人気者となって、宮中に呼ばれて仕えることになってからの展開が... 続きをみる

    nice! 13
  • 大友二階崩れ 赤神諒著

    第9回日経小説大賞作品。赤神諒著。 日本史は受験科目だったが、このように大きな歴史の影に隠れた史実を追う機会は少ない。 まず”二階崩れの変”というのがある。1550年、九州は豊後の戦国大名である大友宗麟の父が、世継ぎを側室の子にしようとして内部分裂した挙げ句、宗麟の父、大友義鑑は大友館の”二階”で... 続きをみる

    nice! 13
  • 恋する母たち 柴門ふみ

    昨年、TBSでドラマ化されたことで注目された柴門ふみさんの作品。 あまりにも世の中に多い不倫と向き合う、というドラマだそうだ。 娘がレンタル6巻までレンタルしてきて読み通し、最後の7巻が読みたくて買ってしまった。漫画を買ったのなんていつ以来だろうか。 柴門ふみさんというと「PS 元気です俊平」や「... 続きをみる

    nice! 15
  • アンパンマンをめぐる戦い

    去年の暮れに3歳の孫が遊びに来たので、孫がお気に入りのお道具を持って公園に行く。 最初は一人で遊んでいたが、そのうちいろんな子供がやってきて、孫の道具をいつしか自分のもののように使い始める。アンパンマンの顔のおもちゃ。 しばらくほかの子供がアンパンマンを使っているのに耐えていた孫だが、ついに取り返... 続きをみる

    nice! 14
  • 玉ひで 人形町

    去年のことだが、今の勤め先から少し歩いたところに”玉ひで”という老舗の親子丼を出す店があると聞いていた。 休みの日にわざわざ行くのもはばかられるので、お昼休みに会社の方と2人で赴く。 小伝馬町のオフィスから人形町まで15分はかからない。 少し前にダーリンとラーメンと食べたあたりまで来た。 普段であ... 続きをみる

    nice! 15
  • ときわ食堂

    巣鴨で有名なときわ食堂に初めて入る。 もう午後2時過ぎだったが、列ができるほど並んでいる。 刺し身からフライまで、旬の食材を美味しく提供してくれる。 あじのたたき定食にカキフライやらエビフライやら色々たのんで4000円も食べてしまった。 昼から居酒屋気分。ほかのお客さんも一人飲みから家族で食事され... 続きをみる

    nice! 23
  • 巣鴨地蔵商店街

    久しぶりに巣鴨に寄った。 池袋で映画を見た後、大塚を越して歩いて巣鴨まで行く。 懐かしい。 大昔のその昔。仕事でお世話になってる女性のご主人が病気で大手術をされると聞いて、ささやかながらとげぬき地蔵のお守りをお渡しした。何の役にもたたなかったと思うが、気持ちだけは伝わったのではないかと思っている。... 続きをみる

    nice! 15
  • シネマサンシャイン

    去年までしばらく転勤で地方都市に住んでいて、それはそれで楽しんだのだが、首都圏に戻ってきて驚くのは、次から次へとみかける施設の素晴らしさ。 今、住んでいるところからでは有楽町が近いのだが、昨年末に池袋の映画館に行って驚いた。 サンシャインシネマはビル全体が映画館のようで、客席も素晴らしいのだが、カ... 続きをみる

    nice! 19
  • 23階の笑い

    もう去年ことだが、三谷幸喜さん演出の舞台を世田谷まで行ってみてきた。 とても面白かった。 『23階の笑い』は、ニール・サイモンの戯曲で、1990年代に公演されたドラマを日本に置き換えている。出演者はもちろん全員日本人で、アメリカの1950年代のテレビの視聴率競争をめぐる放送作家のドタバタ劇だった。... 続きをみる

    nice! 12
  • 酔香園

    西新井の駅近くに”しまむら”があって、そのビルの4階にある中華料理店。 何の気もなく寄ったが、とても良かった。 このあたりに越してきて、中華料理店は色々試した。 珍来も好好ラーメンも満福亭も、どれも捨てがたく美味しいが、この店はややレベルが高い。 レベルというと誤解されそうだが、ほかの店にはないメ... 続きをみる

    nice! 14