2024年2月のブログ記事

  • #落下の解剖学 ジュスティーヌ・トリエ監督

    「落下の解剖学」 ANATOMY OF A FALL - Official Trailer 公開週の日曜日の朝、小雨がぱらつく日比谷で鑑賞。ほぼ満席。客層は少し高めだったか。 原告が死んだ夫、被告が妻、証言に立つのが目の不自由な息子という裁判劇。夫婦の対立は「クレイマー、クレイマー」とか「マリッジ... 続きをみる

    nice! 12
  • 米とサーカス 渋谷パルコ

    パルコの歴史をたどると、西武百貨店系だった時代を除けばあまりよく知らなかったが、いまはJ.フロント リテイリングの資本らしい。もとは丸物(まるぶつ)という京都の百貨店が始まりだそうだ。百貨店はもともと呉服屋から始まっているが、ここも同じ。百貨店がファッションの先端だった時代は終わりを告げる中、ここ... 続きをみる

    nice! 10
  • 65kg ハコスカ 「The Greatest Night in Pop」

    昨日朝5時起床。 のんびり南行徳まで移動して現場巡回。朝は前日同様”風”が強くて辛かった。 ずっと向こうに見える巨大な建築物が目に留まる。なんと「江戸川清掃工場」なのだそうだ。 そしてここでなんと! ハコスカ発見!きれいに手入れされた素敵な色のスカイライン。1968年、3代目のスカイランだそうだ。... 続きをみる

    nice! 13
  • #マダム・ウェブ S・J・クラークソン監督

    「マダム・ウェブ」 MADAME WEB – Official Trailer (HD) 公開二日目の午後、上野御徒町で鑑賞。テレビシリーズの「トゥルー・コーリング」を思わせる未来予知能力を手にした救命士を主人公とするドラマ。S・J・クラークソン監督初の長編作品。 ある意味でこの映画はスパイダーマ... 続きをみる

    nice! 9
  • にしだ場 越谷

    二度目のやきとりにしだ場。弁護士の先生と3時間近い打ち合わせをして、あまり成果も出ず、とぼとぼこの店に入る。 前回来た時と同じ席に座る。まだ混雑する前だったので余裕がある。 きゅうりの1本漬けをからしで食べるというのはなかなか妙味。実に美味しい。 もつ煮込みの柔らかくて熱々。 つくねにはピーマンが... 続きをみる

    nice! 13
  • 65kg 「superhero fatigue」

    この記事は暗示に富んでいる。いわゆる「スーパーヒーロー疲れ」は、コンテンツが溢れすぎると飽和状態になる経済現象を意味しているのではないだろうか。「スターウォーズ」もそうだったように、シリーズものが永遠にヒットを続けるとは限らない。大コケした「マダム・ウェブ」を境に、マーベルもDCも利益が逓減してゆ... 続きをみる

    nice! 11
  • #ボーは恐れている #アリ・アスター監督

    「ボーは恐れている」 久しぶりに晴れた土曜日に御徒町の映画館でこの映画を鑑賞。とても長い映画だった。ビヨルン・アンドレセンをキャスティングした驚くべき「ミッドサマー」以来のアリ・アスター監督作品。劇場は朝からほぼ満席状態。 あらすじは、精神障害のある中年男性の母親が死んだので実家に帰るというだけの... 続きをみる

    nice! 10
  • チキンプレイス #ロティサリーズ 馬喰横山

    会議があって、その帰り、ひとりでランチするのに馬喰横山をさまよった。 ひとりランチというと「ササッ」と済ませたいので、軽い店を探すのだが、できれば同じ店には寄りたくない。馬喰横山あたりにもいろいろ店はあるが、偶然見かけたこの店に入ることを決意する。 チキンプレイス ロティサリーズ 「丸焼きチキン」... 続きをみる

    nice! 18
  • 65.5kg 「65%」

    65%の方が「議員辞職すべき」と思っているというが、この数字に驚きはない。むしろ「23%」もの方が議員辞職する必要なし、と応じているのはなぜだろう。その理由をぜひ教えてほしい。自分は本気で、この国に大きな混乱が生じてもリセットするべきだと考えているが、23%の皆さんは「そんなこと現実的ではない」と... 続きをみる

    nice! 10
  • 先週の#Rugby(#ワールドラグビー)

    実は今さらなのだが、廣瀬俊朗さんが昨年のWC向けに書かれた本を読んだ。にわかファンにとってはとても難しい内容だったが、読みどころも豊富な本だった。 ラグビー質的観戦入門 (角川新書) KADOKAWA 本 ということで、2周間ブランクがあったシックス・ネーションズだが、前節は大きな事件があった。な... 続きをみる

    nice! 10
  • 中華そば たた味 小伝馬町

    年明けの出勤日、昼からお休みをとって弁護士相談に行く前にひとりランチで寄ってみた。会社の近くにあるラーメン店で、いつもそこそこ行列ができている。 食券を購入して外で待つ。ペイペイを使う場合は、食後に支払いとなるらしい。 カウンター席しかないが、会社員風のお客さんでびっしり。お隣の席とは隔て板があっ... 続きをみる

    nice! 18
  • 66kg イタリアが勝ちを逃す!

    シックス・ネーションズで、イタリアがフランスとアウェイで引き分けた!これはほとんど事件だ。 昨日の朝5時起床。脅威の67kg。今日の記事はフランスがキーワードだ。 前日と打って変わって再び曇天。 朝風呂を浴びてからスパゲティを食べる。そして日比谷シャンテを目指す。ちなみにシャンテはフランス語で「歌... 続きをみる

    nice! 10
  • みずの塩大福 巣鴨

    愛すべき「 巣鴨地蔵通り商店街 」。そんなに遠くはないがなかなか立ち寄るきっかけがない。けれども、いつも賑やかでいとおしい。ここに塩大福などで有名な店がある。いつも行列ができるお店だ。 大福のこの柔らかい感じに適度なあんの量と甘さが絶妙だ。本当においしい大福だ。 「みずの」の歴史をひもとくと、この... 続きをみる

    nice! 20
  • 67kg 終日 #上野御徒町 で過ごす

    昨日は朝4時起床。久々の晴れた朝。雲ひとつないいい天気。でも寒い! 朝8時少し前に家を出て御徒町に向かい、「匠そば」で朝ごはん。 まずは、アリ・アスター監督の新作「ボーは恐れている」を鑑賞。3時間の映画は、ちょっと解説がないとわかりにくい。いや、解説に拘束されるより、自由に受け入れるべき映画なのか... 続きをみる

    nice! 13
  • #鳥安 千駄木 「Stink」

    ある正月明けの休みの日だったか、千駄木まで出てうなぎを食べようということになる。 去年のまだ残暑の9月頃以来。 北千住で千代田線に乗り換えて間もなく千駄木の駅に着く。そこから歩いて5分程度で到着。 始めて座敷席に案内されたが、お座敷も椅子席なので助かる。 上がうな重定食で、下が松重。 特盛、松重、... 続きをみる

    nice! 17
  • 65.5kg 「#NTT法廃止」 #サブカルジェッター

    またしても最大与党ががっぽり金儲けしようと企んでいるらしいぞ。毎年1兆円+40兆円の埋蔵金が眠るNTT。海外に売って儲かるのは最大与党だけ。ひどい話だと思わないのか。メディアもはっきりしたことをどこも報道しない。お前らも最大与党から金もらってんだろ、どうせ。しかし世も末だ。戦前の日本のようだ。 N... 続きをみる

    nice! 13
  • #夜明けのすべて 三宅唱監督

    「夜明けのすべて」 65kg 午後休んで日本橋から後楽園 - #ダリチョコ の映画とグルメ 午後から仕事を休んでクイーンのライブに行く前、ちょうど時間が空いたのでこの映画を日本橋で鑑賞することにした。キネノートでもしばらく1位を続けている評価の高い映画。三宅唱監督が「ケイコ、目を澄ませて」で16ミ... 続きをみる

    nice! 15
  • ひげ虎 新丸子 「smokescreen」

    新丸子の駅に降りることなどまずない。 この日はリーグワン観戦のために始めて行く等々力競技場に向かう途中、ここでランチすることにした。 この駅の近くで、きっと長年営業してきたお店なのだろう。 遠くの席でタバコを吸うご婦人がいる。タバコを吸える店も最近では珍しい。 揚げ物を食べたわけだが、とんかつなど... 続きをみる

    nice! 17
  • 65kg 「only country」

    この国は世界にひとつだけの国らしい。 「キャリアを台無しにする」:日本に夫婦別姓法改正を求める声が高まる Japan is the only country in the world that requires spouses to use the same name “The current s... 続きをみる

    nice! 12
  • 東京都同情塔 九段理江著 芥川賞 「山本陽子さん」

    先ごろ発表された第170回芥川賞受賞作品を読んでみた。とても面白かった。 東京都同情塔 新潮社 Digital Ebook Purchas 冒頭で、イラクの建築家ザハ・ハディッドの話題になる。忘れもしない新国立競技場の設計で一度は内定したデザインを示した方。キールアーチによりデザインが未来を感じさ... 続きをみる

    nice! 11
  • ジェーエス・レネップ 日比谷 「今こそ学ぶべき」

    日比谷にはよく行くが、ガード下のこの店は初めてだった。ゴルフをご一緒させていただく先輩に教えてもらったお店。映画鑑賞したあとランチ。 ドイツ風ハンバーグと牛スネ肉のグラーシュ。 これはなかなかうまい! パンも合わせて食べる。 ドイツ料理を味わえる店はそれほど多くない。こういう店を見つけるとレパート... 続きをみる

    nice! 17
  • 65kg 「歌」 送別会

    11分は長いと思われるかもしれないけれど、これはもう「スピーチ」ではなく「歌」だと思う。とても凄惨で悲しくて、そして現在の世界の理不尽さを訴える怒りに満ちた歌。一人でも多くの人に聞いてほしい。 https://t.co/gF1Vef0RD6 — 森達也(映画監督・作家) (@MoriTatsuya... 続きをみる

    nice! 12
  • #兆楽 渋谷道玄坂店 「蘇民祭終了」

    渋谷の松涛美術館に行った帰り、どこかで食事しようということになる。 センター街の「兆楽」が混んでいて、仕方なく道玄坂の店に行ったらカウンターに座らせてくれた。 いつもきまったような料理をいただくのだが、この店は厨房の中も外も活気がある。 カウンターから覗く厨房の中では、狭い空間で大勢の方が持ち場で... 続きをみる

    nice! 21
  • 65kg 表の裏はまた表

    朝5時前に起床。天気は曇り。雨になるかもしれない。 久々のサヨナラ脂肪川柳「健診で 2度計られた 腹回り」。去年9月の使いまわし。 65kg 山口茜選手香港OP 「The Greatest Films」 - #ダリチョコ の映画とグルメ ランチはツナ缶とキャベツ。 午後休みをとって弁護士と面会。少... 続きをみる

    nice! 11
  • #Queen ② The Rhapsody Tour

    この日の少し前に、同じ東京ドームでテイラー・スウィフトのライブや、もう少し前にはビリー・ジョエルのワンナイトライブがあったりと、野球のオフシーズンを使って外国からのアーチストを中心に次々とライブが開かれる。このわずかな期間にステージセットが作られ解体される。この技術がすごいと思う。 始まる前、定刻... 続きをみる

    nice! 14
  • #又こい家 築地

    「すじざんまい」の看板は目立つのだが、なかなか入る機会がない。孫と記念撮影のみ。 代わりに、「おかめ」の裏にある「又こい家」に入ることにした。 いつも行列ができている店だが、この日はお正月で、少し早めにでかけたら運よくすぐ座ることができた。浜松から出てきた義弟と、孫を連れて入店。食券方式だ。 まぐ... 続きをみる

    nice! 18
  • 65kg 「Yulia」 Trust no one.

    ナワリヌイの妻が動きを見せている。 昨日は朝4時起床。 気温が高く、朝は小雨が降っていた。 昼は目玉焼きとベーコンのサラダ。 夜はぼんやり過ごす。 ミートソースなど。 どうも歯の調子が良くないので、歯医者に行きたいのだが、どこの歯医者がいいのか決められない。過去に行ったほかの歯医者には恵まれず、思... 続きをみる

    nice! 11
  • #Queen ① これまで

    クイーンを知ったのはいつだろう。記憶の限りだが、中学3年生、同級生から借りた「QueenⅡ」の衝撃は忘れない。それまでキッスやエアロスミスなどアメリカのロックバンドに魅力を感じていた頃、このアルバムはまるで違う世界だった。当時はアメリカとイギリスの違いもわからなかったが、少なくとも「QueenⅡ」... 続きをみる

    nice! 11
  • 川崎銀柳街入口 #ひもの屋

    正月明けの2日、婿さんのお世話で川崎競馬場で馬券をはずしまくって「トホホ」な日の帰り、晩飯を「ひもの屋」で食べることにした。ひもの屋というと、どうも2022年以来らしい。御徒町でランチして以来。 孫も連れての大所帯だったこともあって落ち着かないが、料理はそれなり。 なんといっても干物3点盛りが素晴... 続きをみる

    nice! 14
  • 65.5kg 「irreparable」 麻布台、大門 桜か?

    ナワリヌイ氏の遺体はまだみつかっていないらしい。このことはとてつもなく大きなこととして歴史に刻まれるのだろう。プーチンがとりかえしのつかないことをした。 昨日は朝5時起床。 朝風呂に浸ったあと朝飯をいただく。 納豆と目玉焼きにベーコン。 家の掃除やらなにやら色々やったあと、神谷町まで出て、昨年でき... 続きをみる

    nice! 13
  • Tal

    音楽の話題はこのブログであまり紹介されないが、少しジャンルを変えてジャズのこと。 例えばチック・コリアの「リターン・トゥ・フォーエバー」を聞くと、どこか土曜日の午後を思い出す。これはチック・コリアやスタンリー・クラークが組んだユニット名だが、彼らの出したアルバムの"What Game Shall ... 続きをみる

    nice! 14
  • #金龍ラーメン 難波千日前店

    いよいよ大晦日という日、映画鑑賞を予定していたが、その前に食事をしようとなんば花月のあたりまで来る。かの有名な「金龍ラーメン」 800円のラーメンは決して安くないが、まずは食券を購入。 自家特製麺という自信満々の文字もいい。そしてご飯食べ放題サービスもまた嬉しい。 実はこの店、椅子席はなくて全て畳... 続きをみる

    nice! 14
  • 66kg 築地、汐留 赤坂見附

    朝6時過ぎに起きる。 昨日は定期検診で薬をもらう日。 そこから築地に移動して「おかめ」で朝飯。 朝から日本酒をあおるおじさんがいて、なかなかテーブルが開かずにイラッとしたが、これもご愛嬌だ。 ・「おかめ」から「若葉」 - #ダリチョコ の映画とグルメ ・すし処おかめ 築地 - #ダリチョコ の映画... 続きをみる

    nice! 13
  • DIG SHIBUYA 「なんとなく・・・」

    かつてキャリー・マリガン主演の「The Dig」という映画を見たが、歴史を発掘する映画だった。この日、有楽町から渋谷に出てDigしてみることにした。 こちらか「公園通りギャラリー」の予告編。 これはこれで不思議な空間。トイレがこれだけ催されるとどんな気持ちになるだろう。 同じ建物でイベントが行われ... 続きをみる

    nice! 13
  • #大一そば 天満店

    大晦日、なんばグランド花月のあと天満橋筋まで移動して、夜の落語の予定まで時間があるので軽く食事をすることにした。長い長い商店街を歩いて、こちらのそば屋に入る。 やはり、東京あたりで食べるそばやうどんと違って、スープがうすそうだ。 うどんがとても美味しい。 大晦日ということもあって閉店間際だったが、... 続きをみる

    nice! 14
  • 65kg Навальный(ナワリヌイ)

    ついに最も恐ろしいことがおきた。ナワリヌイを殺したロシアの独裁者とこの国でかつて首相だった妖怪の孫は同じ夢を見る友だちだったことを忘れてはいないだろう?彼らは同じ人物なのだ。そして今も同じ夢を見る政党が支配しているのだ。 Алексей Навальный умер в колонии - Рам... 続きをみる

    nice! 15
  • カラー・パープル ブリッツ・バザウーレ監督

    「カラー・パープル」 The Color Purple | Official Trailer 偉大なフェミニスト、アリス・ウォーカーの原作をスピルバーグが1985年に映画化した作品のリメイク。舞台ミュージカルで上演されて大ヒットしたものを映画化したようだ。素晴らしかった。 実はスピルバーグ版をVH... 続きをみる

    nice! 8
  • #松屋 #新世界(#通天閣)

    去年の年の瀬の記事を今頃だらだら書いている。3ヶ月も先延ばしにすることに意味があるのかさすがに疑問に思えてきた。もしいま自分が死んだら・・・ いつもしょうもないことばかりだ。 さて、この日は朝から高野山に向かい、鶴橋から新世界に移動。 向こうに見えるのはきっと「あべのハルカス」だろう。股間が縮み上... 続きをみる

    nice! 15
  • 66kg ブライアン・メイ インタビュー

    前日の興奮も冷めやらぬ昨日、朝5時起床。 昨日公開したジェニー・オデルの「何もしない」という本と3年前の記事のタイトルがパラレル。経済政策をいちど誤ると「何もできない」ことになる。森田長太郎氏の著書を読んでみようかとも思う。 ともだちが今日、ニュージーランドのテカポ湖に向かう。 昼は初めて入るお店... 続きをみる

    nice! 15
  • #何もしない 「無用の木」

    子供の頃、暗い映画館に入ると(当時はいまのように指定席がなかった)暗くて席が見えなかった。しばらくすると暗闇に慣れてきて暗くても席を探すことができるようになる。ウェンデル・ベリーが「ランタンを捨ててしまえば、闇がよく見えるようになる。」とはこのことだ。著者は身の回りにある進化の代償が人をして全て見... 続きをみる

    nice! 11
  • #何もしない 「大衆の複雑性」

    第五章 ストレンジャーの生態学 本書は著者がかつて読んだ膨大な量の著書から、このテーマの趣旨に則った言葉を羅列している。読み応えはあるが、あまりの量にパンクするほどだ。それこそ「注意」をそらすと内容に追いつけない。しかも場面転換も早い。 この章は、見ず知らずの人(ストレンジャー)を人助けしたことで... 続きをみる

    nice! 10
  • #何もしない 「#4分33秒」

    第三章 拒絶の構造 社会と距離を置くことの具体例を並べる。そのひとつの方法が「拒絶」だ。ディオゲネス (犬儒学派) はアレクサンダー大王を拒絶しつづけながら存在した。 世間で「まとも」と言われる人間ほど、強欲、腐敗、無知 「反転の美学」 自分の判断を外に置いて他者に委ねる無感覚状態は、「まとも」と... 続きをみる

    nice! 11
  • #何もしない #ジェニー・オデル著 「#注意経済」

    本屋に並んでいて、タイトルに吸い寄せられるように購入してしまった。アンディッシュ・ハンセンの「スマホ脳」にも繋がってゆく。ちょっと読みにくい本かもしれない。著者のジェニー・オデルはアーチストでデザイナー。この本は5年前2019年に出版された。 How to Do Nothing: Resistin... 続きをみる

    nice! 10
  • 大盛屋 #鶴橋

    なんばからJRに乗って、前日に続いて鶴橋に向かう。年の瀬ということもあって、人が多い。向こうに見えるのは歌舞伎座かと思ったら、なんとホテルだった。もともと歌舞伎座があった建物の名残りだろうか。すごい建物だ。 鶴橋の駅に降り立つ。コリアタウンまで行く力は残されておらず。 鶴橋本通りはこの人ごみだ。 ... 続きをみる

    nice! 15
  • 65kg 午後休んで日本橋から後楽園

    朝5時起床。異常とも思える陽気。 昼は作り置きの野菜スープ。 午後は会社を休んで日本橋で「夜明けのすべて」を鑑賞。「ケイコ目を澄ませて」の三宅唱監督。16ミリフィルムのあらっぽさを使った見事な作品。 夜は後楽園の東京ドームに移動して「クイーン」のライブ。 友人のYくんと、彼の先輩女性と合流して参加... 続きをみる

    nice! 11
  • 哀れなるものたち ヨルゴス・ランティモス監督 「歴史」

    「哀れなるもの」 偉大なテオ・アンゲロプロスを輩出したギリシャ人の映画監督ヨルゴス・ランティモスが放つ問題作はコメディで、今回は主演のエマ・ストーンがプロデューサーに名を連ねるほどの意気込みが重なる超大作となっている。エマ・ストーンはすごい。 POOR THINGS | Official Trai... 続きをみる

    nice! 7
  • 炭火焼肉 #鶴橋七輪

    姫路から園田を経由して堺筋本町駅に近いホテルにチェックインして、鶴橋に向かう。 去年の年の瀬の話しね。 (競馬ではないが)予想通りの大混雑。どこに行っても入る店がない。どこも予約で満席らしい。 仕方なく、駅の近くにある焼肉店「七輪」に入る。 ここも予約席で埋まっていたが、大きなテーブル席に座らせて... 続きをみる

    nice! 19
  • 65.5kg 「少子化の原因」 芥川賞発表!

    日本の少子化とアメリカの非婚化。 少子化の原因は、低所得層の結婚が減ったから。https://t.co/H3cvoFbM3zhttps://t.co/NOkpWne4ra — Ugry (@BobUgryHossy) February 12, 2024 アメリカのアライモ教授は出会い系アプリが原因... 続きをみる

    nice! 9
  • #善と悪の経済学③ #パンドラ の蓋 「税金と裏金」

    第2部 無礼な思想 第8章 強欲の必要性 欲望の歴史 ここはこの著書の中でも最も興味深い内容だ。「欲望の歴史」。 例えば「パンドラの箱(ふた)」とは、パンドラという女性が労働の呪いをかけられて、それまで楽しかった労働が苦しいものになったので、あわてて蓋を閉めたというものらしい。(知らなかった)だか... 続きをみる

    nice! 9
  • #善と悪の経済学② #キリスト教 「真逆」

    第4章 キリスト教 汝を愛するように隣人を愛せよ 旧約聖書から新約聖書への話題は変わる。 アダムとイブ消費する必要のないもの(禁断の果実)を消費した贖罪の経済的意味 「ヨハネの黙示録」から、様々な現代経済学につながり意味を取り出そうとする。ここでは貨幣について詳しく書かれている。 お金は通俗的であ... 続きをみる

    nice! 8