大晦日 帯広から札幌へ

今頃大晦日の記事を書いている。 大晦日をホテルで過ごしたのはいつ以来か調べたら、2018年頃の高山が最後だったようだ。 なんと四日間も高山の同じホテルで過ごした。あれが最後。 今回あらためて思ったプチ贅沢は、元旦をホテルで過ごすとささやかなお正月料理をいただけるというものだ。正月料理など、母方の実家で大勢親戚が集まって過ごした日が思い出される。 前日ラーメン屋で見かけた新聞は十勝毎日新聞。 そし…

69kg 役者さんと出会う

いつものことだが、しょうもない。しょうもないブログなので読まないほうがいい。くどいし長いし。 昨日は22時半就寝、今朝4時半過ぎ起床。体重69kgで変わらず。 「猛ダッシュ 脂肪が揺れて リズム出る」サヨナラ脂肪川柳。 腹が出ると、例えば足の爪を切ろうとするとき、腹が邪魔になったりする。ふざけんな!と思う。 朝起きて河瀨直美監督の「東京2020オリンピック SIDE:B」を鑑賞。AもBも心から感…

三楽(さんごう) 帯広

ばんえい競馬で感動と惨敗を味わって、帰ろうと思ったがバスがもうない。タクシーを待ってもなかなか来ない。寒い中待って待ったやっと来たタクシーに飛び乗りホテルへ向かう。 ホテルはドーミーイン帯広 競馬場に着いたのが遅くて、食事をする店も閉まってしまい、お腹がすいた。さて帯広で何を食べるか?タクシーの運転手さんにお聞きしたところ、どうもラーメン屋に人気の店があると聞いて早速行ってみることにする。ちなみ…

69kg お返事

「東京2020オリンピック SIDE:A」を見て、素直に感動したので、たまたまツイッターで河瀨直美監督にコメントしたら、(おそらく御本人だと思うが・・・)短いお返事を頂戴した。かえって恐縮してしまった。 東京五輪には反対だし、今も不正が問われていることを残念に思うが、河瀬監督が作られた映画と政治的な問題はできれば切り離して評価するべきだと思う。女性監督がとらえた五輪という視点で見ると、この映画は…

帯広競馬場 ばんえい競馬

札幌から四時間近くかけて帯広に移動。 今回の旅行もメインはこれ。 夜に着いた頃にはもう真っ暗。イルミネーションが美しい。 この写真だと、ここがいったいどこなのかわからないだろう。 全国の競馬場を行き来したが、ついに最果ての北海道、ばんえい競馬を初めて見る。世界でここだけの競馬だ。 たった200mの距離にふたつの障害がある。それを騎手が絶妙なペース配分で馬を駆ける。 その息遣いがすごい。馬の息と騎…

69kg ジェシンダ辞任

ニュージーランドのアーダーン首相が辞任を表明した。史上最年少で首相に就任した彼女は6年近い間多くの国民に支持されてきたが、コロナ禍の政策で深刻なインフレと人手不足に陥った国を回復させられず、急激に支持率を落としていた。オークランドに住む知人と話したが、コロナがまん延して急激なインフレを止められず、排外政策により外国人労働者が不在となり申告な人手不足に陥ったことで、フェイバリットを落としていたよう…

札幌市内散歩 二条市場、テレビ塔、時計塔

「味の三平」を後にして外にでる。そしてお定まりの二条市場へと歩く。 しかし、もう朝から毛ガニを食べちゃったしここは歩くだけ。 あちこちのお店の前に行列ができている。 道路の向こうにそびえる山は大倉山だろうか。素晴らしい景色だ。その昔ここでオリンピックが開催された。国費を使って再び開催を画策していると聞くが時代が違う。いいかげんにしてほしいと思う。 テレビ塔から時計塔まで歩く。時間がないので入るこ…

69kg インドオープン開幕

昨日20時就寝、今朝4時起床。69kg。去年は70kg。2年前は64kgだった。 天気は、朝曇ってたけど少しずつ晴れ上がってきた。気温も穏やか。 一昨日に続いて現場巡回。歩いて40分ぐらいのところまで歩く。 歩く、歩く、歩く。かつてジョギングしていたエリアだ。工業地域。 ひと仕事終えて、近くにあった「喫茶OB」でモーニング。360円。 住んでいるマンションの1階にも同じ店がある。ロッジ風の喫茶店…

味の三平 札幌 (西山ラーメン)

セコマ(セイコーマート)にすっかり魅入られてしまったのだが、オリジナル商品が楽しい。地方限定商品が実に楽しい。ドミナント戦略を否定したというところが素晴らしい。 よーく見ると珍しいよ、これ。 マヨラーメン。アンビリバボー。 北大、中央卸売市場、札幌競馬場を通り過ぎて、桑園駅から札幌駅に戻る。 むむ!?これは?!。最近、東京周辺でほとんどみかけなくなった「キオスク」ではないか! 朝は曇っていた空も…

69.5kg お嬢さん

昨日は22時少し前就寝、今朝4時少し過ぎ起床。69.5kg。 どんよりした空の向こうに曙がチラリと見える。 現場巡回しようと決意して、朝から直行する。いつもと違う風景が楽しい。 このあたりは自分が育ったあたりなので少し懐かしい。随分面影が変わってしまったが・・・ 同じ沿線の違う駅で降りる。ここもまた懐かしい。かつて立呑の焼き鳥屋さんはなくなってしまったが、よく通った中華はそのままお店があった。 …

モリコーネ 映画が恋した音楽家  ジョセッペ・トルナトーレ監督

長い映画だが、中盤から自分が映画館で見た傑作の数々と名曲が次々に流れて、そのあまりの感動で目が霞んだ。予告編を見るだけでも涙が止まらない。モリコーネの真摯で真面目な姿勢が生涯の信用と信頼と評価に結実したのだ。素晴らしい映画だった。映画として最高傑作だったと思う。「ニュー・シネマ・パラダイス」以来の縁があるトルナトーレ監督が晩年のモリコーネに密着して、想像を絶する多くの関係者から聞き取ったインタビ…

雪の札幌競馬場

中央卸売市場から歩いて最寄り駅JR桑園(そうえん)駅方面に向かう。途中で行き交う方に「ホールセール・マーケットはどこですか?」などと英語で道を聞かれたりする。ここはもう日本ではない。あちらもこちらも外国人ばかり。 やっと着いた。美しい。 中島みゆきさんの楽曲が聞こえてきそうな空。「空と君のあいだに」 なんと創設は1878年だそうだ。エジソンが蓄音機を発明した年だとさ。カンバーパッチ主演の映画もあ…

69.5kg 議員辞職

昨日は22時就寝、今朝5時起床。69.5kg。朝5時はまだ真っ暗。 とにかく平日は食事の量を減らそうということで、朝メシ抜きだ。 サヨナラ脂肪川柳「明日こそは 腹筋百回 誓い寝る」100回は無理でも10回は腹筋をしよう。腕立てと。 昼の弁当は肉と野菜を卵で焼いた塊。じっくりじっくり食べる。何度も何度も噛む。牛のように何度も何度も噛む。 家では豆腐と茄子の味噌汁。 キャベツ中心のお好み焼きは食べず…

SHE SAID/シー・セッド その名を暴け マリア・シュラーダー監督

やられた。 ちょっとショックだった。 ハラスメント、というフィールドだが、必ずしも女性とか偏見だけではなくて、社会の在り方に対するテーゼ。そんなスケールをこの映画に感じる。次々に証言される女性たちと、その証言が押しつぶされる現実とに、見る側の自分が情けなくなる。いいのかこの社会がこれで、ほんとうに、まじで。特にこの国(じゃぱん)はかつてと同じ道を歩んでると感じさせる。 ちなみに劇場は満席だった。…

うめぇ堂 札幌中央卸売市場 場外市場

1時間近く歩いただろうか。何しろ雪道に慣れていないので時間がかかる。北大からゆっくり歩いて、中央卸売市場にようやく到着。中央卸売市場は、市内の二条市場ほど商業化されていないが、カニや新鮮な海産物が山のように積まれている。見応え十分。 ホテルの朝メシをキャンセルしてここに来たので、まずは何か食べたいなぁと思う。北大からの散歩もかなりハードだったしね。 少し残念だったのはどちらのお店も年末モードで、…

70kg 山口茜選手マレーシアオープン優勝!

決勝は韓国の若きエース、アン・セヨン選手が相手だった。1ゲームはセヨン選手が接戦を制し、2ゲームも最後まで競り合う展開で互角だったが18点で並んだあたりから山口茜選手が強気の展開に持ち込み、3ゲーム目はセヨン選手のミスが増えて自滅する形で、茜選手が圧倒した。セヨン選手は要所で長身を生かしたクロスドロップを放ち、茜選手も前半は苦労したようだが、結果的には茜選手の粘り勝ちだった。 マレーシアの応援は…

北海道大学散策 札幌

12月30日。 さて、この日の行動予定はもともと帯広に移動する予定であったが、天気もあまりよくなということと、翌日の大晦日であらゆるお店などがお休みとなることが予想されたため、急遽この日の午前中を市内観光に充てることにした。たまたま泊まったホテルが北大のすぐ近くということもあったので、まずは北大散策。これがなかなか見応え十分である。 しかし・・・ 真っ白い雪道を進むと何やら黒いものが・・・ 白に…

70.5kg 上野、室町、人形町

マレーシア・オープンの山口茜選手は、台湾のタイ・ツーイン選手を危なげなく破って決勝に進出。決勝の相手は韓国のエース、アン・セヨン選手。中国のエース、チェン・ユーフェイ選手との激戦を制して勝ち上がってきただけに、その成長は目覚ましい。厳しい戦いになるが茜選手を応援する。長身のセヨン選手が放つ角度のあるドロップにどこまで追随できるかがポイントか。 昨日は21時就寝、今朝4時起床で、なんと体重は再び大…

味の華龍 狸小路

1月2日の記事に続く。12月29日の夜9時半に新千歳空港に到着し、電車で札幌に向かいダーリンさんと合流。不思議なもので、今朝離れて別行動したばかりなのに、久しぶりの再会に思える。 札幌の夜はかなりの吹雪。ダーリンがひとりで過ごした小樽はもっとすごい吹雪だったらしい。 ここから札幌の長い長い地下道を歩いて狸小路に出る。 狸小路といえばラーメン横丁。 ラーメン横丁のことをあまり深く知らなかったが、元…

69.5kg JRA賞

2022年度のJRA賞が先ごろ発表され、順当な結果だった。イクイノックスの受賞に異論はない。異論はないが、3歳馬の競合が揃い踏みとなる機会がなかったのがとても残念だ。そう簡単に番組が作られるわけではないのは承知しているが、やはり競馬を盛り上げるのは競合の衝突、ライバルの戦いだ。その意味で、いわゆる「名勝負」に欠けた1年だったと思う。その意味で、凱旋門賞に挑戦したダービー馬ドウデュース(3歳)やタ…